一期一会

Date
2008-07-21 (月)
Category
diary
Tags
,

日曜日に、ひ~さしぶりぶりに美容院にいってきました。

昔の同僚がお店をやめるということで…思い返してみてもやっぱり長い話なんで、こんなとこでいちいち説明しませんけれど、まぁまぁそれはもう苦楽をともにした仲間であり、友だちでもあります。おつかれさま、っつーわけですわ。

彼女に髪の毛を切ってもらうのは、おそらくこれが最後なのかもしれんなーと思ったりして。それがねー、とても感慨深くてねぇ。

どんなことに関しても、最後の日というのは必ずやってきます。最後の仕事。最後に会った日。最後にみた風景。これは死んじゃうってことじゃなくて、これから先も生きていくけれど、二度と出会うことのないものが世の中にはあるんだなぁとしみじみ思った次第。

だから、一日一日を、出会った人やそのとき感じたことを大切にしていかねばならんなと思うわけです。
明日がほんとにくるかどうかなんて誰にもわからないし、今日という日は二度と戻らんのですよね。一期一会。

そうはいいつつも、日々めまぐるしく生活していると、そういうことを忘れちゃうのよね…。二度と戻ってこないっつーのに。そんで、それがあとになって「あのときこうしていれば」とか、「あれが最後になるとわかっていれば」とか、そんなのそのときにわかるわけないんだけど、わかんないから大切にしたいなぁと私は思う。

とか思いつつ。
ずっと長かった(放置していたともいう)髪をスッキリバッサリ切りました。もういい加減暑苦しいし、気分も変えたいなということで。何年ぶりだろう、ここまで短くしたの…別にショートじゃないのでびっくりするほどでもないですが、ワタシ的に新鮮です。友よありがとう。そしておつかれさまでした。

エントリの最後に、私がすきなことばを記しておきます。自分が忘れないために。
「一期一会」とはすこし意味合いが違いますが、でも、同じことをいっているのだと思います。

Learn as if you will Live Forever,Live as if you will Die Tomorrow.
(永遠に生きるかのように学べ。明日死ぬかのように生きろ。)

page top

Trackback URL:

No Reply »

No comments yet.

Leave a comment

  • お名前、メールアドレスの入力は必須ですが、メールアドレスは表示されません。
  • コメントは管理者の承認後に表示されます。ご了承ください。
(required)
(will not be published), (required)
your comments

recent posts

comments

trackbacks

category

archives

tags