今を生きるヨガノート

Date
2015-06-08 (月)
Category
diary , yoga
Tags
, , ,

ヨガを始めて約半年。
1ヶ月ほど前から、ヨガノートなるもの(日記みたいなやつ)をつけ始めました。

my yoga note

その日に受けたレッスンのよかった点や反省点、インストラクターにアドバイスされたこと、疑問点、質問事項とその回答などをざっとメモしています。これが結構よくて、「あれはどうだったっけかな?」とおもったときに、ペラペラとページをさかのぼり、「ふむふむなるへそ〜」と改めてこころに留めておくことができるのです。

もっと上達したい、いろんなことを知りたい。そんなおもいからつけはじめたヨガノート。なかなかやりよります。

5月分を読み返してみると、ほぼ毎日ヨガスタジオに足を運んでおり、これほどまでにどっぷりとひとつのことに集中して取り組んでいるのは、いつ以来だろうw とおもうほどです。自分でびっくりしちゃう。軽い気持ちで始めたヨガですが、一生続けられそうなたのしいことを見つけたなぁとおもっています。

体づくりもがんばる

と同時に、体づくりも欠かせません。
ヨガには欠かせない体幹トレーニング、足底筋(足の裏)のトレーニング、腹筋、バランストレーニング、下半身強化のためのウォーキング、果ては体のメンテナンスの意味も込め、ピラティス(大まかにいうと、体のバランスを正しく整える手法)にまで通っているではありませんか。

どうですか。どうですか。どうですか。

ど う で す か。(ドヤァ)

子どものころはアホみたいに走ったり転んだり飛んだり跳ねたりしていましたけれど、大人になってからのわたしは、やれダルい、ハァ〜めんどくさいめんどくさいなどと抜かして、体のことなんて放っておいたのが嘘みたいです。

もう20代のころとは違う、というのもありますし、病気のこともありつつも、これだけおもしろい、たのしい、腹筋キツイwwwwwwもう無理wwwwww 8カウントで腹筋wwwwwwww繰り返すけどもう無理wwwwwwwwでも終わったあとの爽快感サイコーwwwwwwww(1時間のエクササイズの中で、4分間の腹筋タイムがあります)っておもっちゃってるの、少し前の自分とはずいぶん変わったように感じます。

あとはですね、多くの女性(わたしも含む)に見受けられる、外反母趾や足の指がなかなか開かない(ヨガでは足の指が開いていないと、ちょっと厳しいときがあります)などの改善のために、こんなものも取り入れたり。無印良品で買い求めました。

smile

でも、こんなものは序の口です。気休めです。

わたしが勝手に「大リーグ養成ギプス」と呼んでいる「足ゆび元気くん」で、ガーーーーーーーーっと足指を開くトレーニングもやっております。

足ゆび元気くん:Amazon

足ゆび元気くん

「足ゆび元気くん」は、ソフトタイプとハードタイプがありまして、最初はソフトタイプから始めるらしいのですが、わたしはもういきなりハードタイプで。毎日続けていますが、少しずつではあるけども、外反母趾、足の指の縮こまりが改善されてきたようにおもいます。最初は痛いけど。

「今」を一生懸命に生きる

ヨガのためにこんなに一生懸命になっている自分がスゲーとびっくりですが、一生懸命になるって、生きていく上ではとても大切なこと。料理でも、ランニングでも、編み物でも、べつになんだっていいのです。たのしくて、おもしろいとおもえれば、それでヨシ。花マルです。

ヨガでは、「今、この瞬間」「刹那」を重視しています。
例えば、昨日の分の呼吸を今することはできない。明日の分の呼吸も、今することはできない。
「今」しかないのです。

今を一生懸命生きることがとても大切なんだと気づかされ、それを実践しているのが、「今のわたし」。
100点満点は目指さなくてもいい。ゴールなんてあってないようなものです。

とは言え、まだまだ妙な完璧主義は抜けないし、白か黒かの二極化思考も抜けてきれていないけれど、70点くらいとれればいいや〜なんて言い聞かせながら、それでも一生懸命に取り組む自分がちょっとは成長したかな、とおもっています。

ヨガノートを通じて、改めて気づかされる、もしくは自分で気づくことが多々あり、おーこれはいいことじゃないかァ〜とドヤってお開きにしたいとおもいます。

page top

Trackback URL:

No Reply

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

recent posts

comments

trackbacks

category

archives

tags