ひっこししました。

Date
2011-03-16 (水)
Category
Web , WordPress
Tags
, , ,

このたび、サーバ移転をおこないました。
ネックは WordPress のデータベースの移行で、いろいろ調べながらやりました。
簡単ですが、メモっときます。

条件

ロリポップから、某サーバへの移転です。
記事も含め、プラグインもそのまま持っていきます。

手順

まずは、移行前の WordPress のバージョンを控えておいてください。
後述していますが、新サーバにデータを移行する前に WordPress がインストールされていることが前提です。

  1. ロリポップの phpMyadmin から「データベース名」をクリック。
    すると、phpMyadmin に格納されているデータベース一覧が出てきます。
  2. phpMyadmin

  1. 上段にある「エクスポート」をクリック。画面が下記のように遷移します。
  2. phpMyadminのエクスポート

  1. 左側「エクスポート」の「wp_options」、「wp_users」の選択を外します。

なぜこのふたつのテーブルを外すのかと疑問におもい、ちょっと調べてみたのですが、「wp_users」は単純に新しく WordPress をインストールするのだから、ユーザのバックアップなんか必要ないわけということ。
で、「wp_options」は?というと、インストールしたプラグインやらテーマやら、とにかくいろんなデータ、もはや不必要なものまでも溜め込んでいくテーブルらしく、前述したように新 WordPress に新しくテーブルが生成されること、また、肥大化したテーブルをわざわざ持ってくる必要がない、ということのようです。家の引越と同じですね。

  1. 右側「オプション」の「構造」にある「DROP TABLEを追加」のチェックボックスのチェックを入れます。
  2. 下段「ファイルに保存する」のチェックボックスのチェックを入れます。
  3. 文字コードは「non」を選択し、右下「実行する」ボタンで SQL をエクスポートします。
    「◯◯◯◯◯◯.sql」というファイルが生成され、ローカルに保存します。
    少し時間がかかりますが、だいじょぶです。
    ※ただし、記事データが多かったりすると(上限は2,048MB)SQLファイルが生成できない場合があるので注意してください。というか、なにかを捨てるしかないですね…。
  4. 「エクスポート」の「wp_options」、「wp_users」の選択を外す

  1. 新サーバに WordPress をインストールします。
    このとき、最新バージョンをインストールせずに、今まで使っていたバージョンをインストールします。(アップグレードはあとからでもできます)
  2. 新サーバに新しいデータベースを作ります。
  3. 新サーバに新しいMySQLを作る

  4. 新サーバの phpMyamdmin で、手順6.でエクスポートした「◯◯◯◯◯◯.sql」をインポートします。
  5. SQLのインポート

  6. 新しい WordPress にログインし、パーマリンクや、必要であれば、.htaccess の設定をします。
    ※エントリが多くブクマされている人は、パーマリンクの設定に気をつけてください。前と同じでなくともいいなら、リダイレクトの設定をおこなわなければいけませんが、私はパーマリンクの設定を前と同じにして回避しました。

ということで

以上で無事、サーバ移転は終了です。
あとは微調整ですかね…。勉強も兼ねて、jQuery などをごにょごにょしたいなぁとおもっています。
ご協力、参考にさせていただきました方々、ありがとうございました。

ついしん。
3月11日14時46分ごろ、東北地方を中心におきました、東日本太平洋地震で被災された方々、亡くなられた方々には、こころからお見舞い、追悼の意を申し上げます。

page top

Trackback URL:

No Reply »

No comments yet.

Leave a comment

  • お名前、メールアドレスの入力は必須ですが、メールアドレスは表示されません。
  • コメントは管理者の承認後に表示されます。ご了承ください。
(required)
(will not be published), (required)
your comments

recent posts

comments

trackbacks

category

archives

tags